総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 問2 ソフトウェア 設問2

問2 ソフトウェア

言語処理系に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

 言語処理系とは、プログラム言語(以下、言語という)の文法に従って記述された原始プログラムを読み取り、目的とする計算機で実行するための変換をするか、又は逐次解釈しながら実行するためのソフトウェアである。

設問2

次の記述中の【 】に入れる最も適切な答えを、解答群の中から選べ。

 原始プログラムを、ソフトウェアによって仮想的に構築した計算機(以下、仮想計算機という)で実行できるコード(以下、中間コードという)に変換し、仮想計算機上で中間コードをインタプリタ方式で実行する方法がある。言語Xで記述された原始プログラムを中間コードに変換し、仮想計算機Vのインタプリタで実行する例を、図1に示す。ここで、異なるOSやハードウェア上で動作する仮想計算機Vを用意することによって、【 a 】中間コードの形でプログラムを配布することが可能となる。

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 問2 ソフトウェア 図1

〔図1の説明〕

言語Xで記述された原始プログラムを、仮想計算機Vで実行できる中間コードに変換する(図1①)。

中間コードに変換されたプログラムを仮想計算機Vに入力し、Vのインタプリタで逐次解釈しながら実行する(図1②)。

a に関する解答群

  • ア : 特定のOSやハードウェアに依存しない
  • イ : 特定のOSやハードウェアに依存する
  • ウ : 特定のハードウェアの性能を引き出す
  • エ : 特定のハードウェアのメモリ使用量を低減する

解説

正解は「ア : 特定のOSやハードウェアに依存しない」です!

一般的に、異なるOSやハードウェア上でコンパイル方式を利用すると、ハードウェアやOSごとにコンパイルしないと動作しません。そのため、異なるOSやハードウェアを想定すると非効率となります。異なるOSやハードウェア上で動作する仮想計算機Vを利用する場合、仮想計算機V1つででインタプリタ型で動作すればよいので「特定のOSやハードウェアに依存しない」ことが可能です!

平成27年度春 基本情報技術者試験午後問2 ソフトウェア 目次

  1. 設問1
  2. 設問2
  3. 設問3

一覧に戻る

タグ: ,,,

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説