総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 問3 データベース 設問3

問3 データベース

自治会員の情報を管理する関係データベースの設計及び運用に関する次の記述を読んで、設問1~4に答えよ。

 X地区の自治会では、世帯数の増加と、個人情報管理の厳格化を背景に、手書きの帳票で管理していた自治会員の情報を電子化することにした。この自治会には、236世帯、667人が登録されていて、各世帯は1~8班のいずれかに所属している。

 従来は図1に示すとおり、世帯ごとに、世帯主氏名、住所、電話番号、登録日、所属する班、同居者氏名、続柄、性別、生年月日などの情報を管理していた。

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 問3 データベース 図1

 図1の帳票を基に、図2に示す表構成をもつ関係データベースを作成した。下線付きの項目は、主キーを表す。

〔表の説明〕

  • 世帯表の世帯番号には、各世帯に一意に割り当てた番号が格納されている。
  • 世帯表の世帯主番号には、世帯主の会員番号が格納されている。
  • 会員表の会員番号には、各会員に一意に割り当てた番号が格納されている。
  • 会員表の世帯番号には、会員が属する世帯の世帯番号が格納されている。

設問3

班ごとの会員数に偏りがあるとの意見が挙がったので、班の再編を検討することになった。現在の状況を確認するために、班ごとの世帯数と会員数を集計する。次のSQL文の【 】に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

SELECT 世帯表.班, 【  c  】
    FROM 世帯表, 会員表 
    WHERE 世帯表.世帯番号 = 会員表.世帯番号
    GROUP BY 世帯表.班

c に関する解答群

  • ア : COUNT(*), COUNT(会員表.会員番号)
  • イ : COUNT(*), MAX(会員表.会員番号)
  • ウ : COUNT(DISTINCT 世帯表.世帯番号), COUNT(*)
  • エ : COUNT(世帯表.世帯番号), MAX(会員表.会員番号)

解説

設問では「班ごとの世帯数と会員数を集計する。」とあります。「世帯数」と「会員数」を求める構文が入ればよいとなります。

関数COUNT()は、レコードの数を集計します。

関数MAX()は、最大値を取得します。ということで、世帯数も会員数の集計には使えません(「イ」と「エ」は消えます)。

FROM以下をみると、班ごとの会員の一覧になっています。会員数はそのままレコードをカウントすればよいので「COUNT(*)」となり、世帯数は「COUNT(DISTINCT 世帯表.世帯番号)」とすると、世帯数が取得できます。

従って、正解は「ウ : COUNT(DISTINCT 世帯表.世帯番号), COUNT(*)」です!

平成27年度春 基本情報技術者試験午後 問3 データベース 目次

  1. 問題文とキーワード
  2. 設問1
  3. 設問2
  4. 設問3
  5. 設問4

一覧に戻る

タグ: ,,,

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説