総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問2 ハードウェア 設問4

TOP :

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問2 ハードウェア

浮動小数点数に関する次の記述を読んで、設問1~4に答えよ。

 α = 0、又は1 ≦ |α| < 2を満たすα、及び-126 ≦ β ≦ 127を満たすβを用いて α × 2β の形で表記される浮動小数点数を、図1に示す32ビット単精度浮動小数点形式の表現(以下、単精度表現という)で近似する。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問2 ハードウェア

(1) 符号部(ビット番号31)

αの値が正のとき0、負のとき1が入る。

(2) 指数部(ビット番号30~23)

βの値に127を加えた値が2進数で入る。

(3) 仮数部(ビット番号22~0)

lαlの整数部分 1 を省略し、残りの小数部分が、ビット番号 22 に小数第1位が来るような2進数で入る。このとき、仮数部に格納できない部分については切り捨てる。

(4) αの値が0の場合、符号部、指数部、仮数部ともに0とする。

 なお、値の記述として、単にαと記述した場合は、αは10進数表記であり、(α)n と記述した場合はαがn進数表記であることを示す。例えば、(0.101)2は0.625と同じ値を表す。また、00...0という表記は、0が連続していることを表す。

設問4

次の記述中の【 】に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。  

設問3のAについてA×10の値は、次の①~③の手順で求めることができる。

① A×8の値を求める。

A×8 = (1.1)2 × 25 × 8=(1.1)2 × 25 × 23 = (1.1)2 × 28

② A×2の値を同様に求める。

③ ①と②の結果を加算する。

 加算結果を単精度表現すると、【 c 】になる。

c に関する解答群

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問2 ハードウェア

解説

A×8

= (1.1)2 × 25 × 8

= (1.1)2 × 25 × 23

= (1.1)2 × 28

A×2

= (1.1)2 × 25 × 2

= (1.1)2 × 25 × 21

= (1.1)2 × 26

加算するために26を28にします。すると、(1.1)2は(0.011)2となります。

(0.011)2×28

(1.1)2 × 28 + (0.011)2×28

= (1.111)2×28

28の指数部8に127を加えると135になり、これを2進数にすると10000111となります。

1.111の仮数部は0.111で、符号部がプラスなので単精度表現すると

0 10000111 11100000000000000000000

正解は「ウ」です!

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 問2 ハードウェア 目次

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 目次

業務で書いたことがないプログラミング言語の解説は控えさせていただきますので、解説はありません。

TOP :

タグ: ,,

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説