総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問5 ソフトウェア設計 設問1

TOP :

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問5 ソフトウェア設計

決定表を用いた注文機能の設計に関する次の記述を読んで、設問1、2に答えよ。

 T社は、スポーツ用品の小売業者である。このたび、店舗での販売だけでなく、会員制のWebサイトを構築し、インターネット販売を開始することにした。

 情報システム部に所属するAさんは、注文機能を構成する処理の一つである、注文確定をさせる前の処理(以下、注文確定前処理という)の設計を担当している。注文機能の流れを、図1に示す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問5 ソフトウェア設計

 注文確定前処理は、注文情報入力処理(以下、入力処理という)で注文情報の入力が完了した後に呼び出される。注文情報と、入力ファイルの情報を参照して、注文確定可否のチェック、注文額の計算などを行う。注文確定前処理において、エラーがない場合は注文確定処理(以下、確定処理という)へ進み、エラーがある場合は入力処理に戻る。

 注文情報を表1に、注文確定前処理が参照する入力ファイルの主な項目を表2に示す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問5 ソフトウェア設計

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問5 ソフトウェア設計

〔注文確定前処理の概要〕

次の(1)~(8)を順に処理する。ただし、処理中にエラーを検出した場合は、該当するエラーメッセージを表示して入力処理に戻る。エラーを検出しなかった場合は、注文確定情報として確定処理に受け渡す。

(1) 必須入力項目の入力チェックを行い、未入力の項目がある場合は、必須項目未入力エラーとする。

(2) 希望納期が未入力の場合は、注文確定前処理を実行している日(以下、処理日という)の1週間後の日付を希望納期として設定する。

(3) 希望納期が処理日以前の場合は、項目関連エラーとする。

(4) 請求先区分が"指定する"であって、請求先情報が未入力である場合は、項目関連エラーとする。

(5) 請求先区分が"届け先と同じ"である場合は、請求先情報に、届け先情報と同じ値を設定する。

(6) 購入対象商品の全てについて、在庫ファイルから在庫数を取得する。

(7) 在庫数が、注文を受けた数(以下、注文数という)よりも少ない商品が存在する場合は、在庫不足エラーとする。

(8) 購入対象商品の全てについて、在庫ファイルの在庫数を更新し、注文額及び①割引額を計算する。

 Aさんは、注文確定前処理の設計に当たって、決定表を用いて仕様を整理した。注文確定前処理の決定表の一部を表3と表4に示す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問5 ソフトウェア設計

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問5 ソフトウェア設計

設問1

表3の注文確定前処理の決定表(一部)中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

a、b、c、d に関する解答群

  • ア 希望納期 > 処理日
  • イ 希望納期 ≦ 処理日
  • ウ 希望納期が入力されている
  • エ 希望納期が未入力である
  • オ 請求先区分が"指定する"である
  • カ 請求先区分が"届け先と同じ"である
  • キ 請求先情報が入力されている
  • ク 請求先情報が未入力である

解説

aの解説

条件部aの行を見ると、すべての必須入力項目が入力され、Nのとき(Nとなるのは3つ)、動作部の「希望納期に処理日の1週間後の日付を設定する」がXです。

このことから、問題文「〔注文確定前処理の概要〕の(2) 希望納期が未入力の場合は、注文確定前処理を実行している日(以下、処理日という)の1週間後の日付を希望納期として設定する。」が条件部のaに入ると考えられます。

Nのときに実行されることを考慮すると、条件部aに入るのは「ウ 希望納期が入力されている」となります!

bの解説

条件部bの行を見ると、動作部の「項目関連エラーメッセージを表示する」がXです。

このことから、問題文「〔注文確定前処理の概要〕の(3) 希望納期が処理日以前の場合は、項目関連エラーとする。」が条件部のbに該当すると考えられます。

Nのときに実行されることを考慮すると、条件部bに入るのは「ア 希望納期 > 処理日」となります!

cの解説

条件部cの行を見ると、すべての必須入力項目が入力、希望納期が入力されている、希望納期 > 処理日という前提に関わらず、Nとなるとき、動作部の「請求先情報に届け先情報と同じ値を設定する」「在庫数を取得して表4を処理する」がXです。

このことから、問題文「〔注文確定前処理の概要〕の(5) 請求先区分が"届け先と同じ"である場合は、請求先情報に、届け先情報と同じ値を設定する。」が条件部のcに該当すると考えられます。

Nのときに実行されることを考慮すると、条件部cに入るのは「オ 請求先区分が"指定する"である」となります!

dの解説

条件部dの行を見ると、すべての必須入力項目が入力、希望納期が入力されている、希望納期 > 処理日、請求先区分が"指定する"であるという前提に関わらず、Nとなるとき、動作部の「項目関連エラーメッセージを表示する」がXです。

このことから、問題文「〔注文確定前処理の概要〕の(4) 請求先区分が"指定する"であって、請求先情報が未入力である場合は、項目関連エラーとする。」が条件部のdに該当すると考えられます。

Nのときに実行されることを考慮すると、条件部dに入るのは「キ 請求先情報が入力されている」となります!

e に関する解答群

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問5 ソフトウェア設計

eの列を見ると

「必須入力項目がすべて入力」されているので"Y"

「希望納期が入力」がされないので"N" → 「希望納期に1週間後の日付を設定する」が"X"

「請求先区分が指定」がされているので"Y" → 「請求先情報に届け先情報と同じ値を設定する」が"-"

「請求先情報が入力」されているので"Y" → 「項目関連エラーメッセージを表示」が"-"

上記を満たした上で、「在庫表を取得して表4を処理する」が"X"

従って答えは「イ」です!

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 問5 ソフトウェア設計 目次

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 目次

業務で書いたことがないプログラミング言語の解説は控えさせていただきますので、解説はありません。

TOP :

タグ: ,,

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説