総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問7 経営戦略・企業と法務 設問1

TOP :

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問7 経営戦略・企業と法務

新システム稼働による業績改善に関する次の記述を読んで、設問1、2に答えよ。

 消費財メーカのZ社は、営業支援とコスト管理のための新システムを開発している。Z社には五つの事業部があり、各事業部の2015年度の売上高と営業利益の見込みは表1のとおりである。各事業部は、2016年度初日からの新システム稼働によって、2016年度に表2の業績改善を期待している。ここで、営業利益率は売上高に対する営業利益の比率である。

 Z社は、表1、2を基に、各事業部の2016年度の業績について予想することにした。ここで、2016年度の売上高と営業利益が2015年度から変動する要因は、新システム稼働による業績改善だけとする。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

設問1

2016年度の業績の予想に関する次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

 表1、2を基に各事業部の2016年度の売上高と営業利益を予想した結果、及び売上高の事業部構成比と各事業部の営業利益率を表3に示す。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

 表3から、新システム稼働による売上高への効果は、16億円を期待できる。また、2015年度から2016年度に掛けて売上高の増加額が最も大きいのはa事業部である。2015年度と2016年度それぞれの売上高の事業部構成比を多重円グラフに表すと、図1のとおりになる。ここで、多重円グラフの内側が2015年度の構成比、外側が2016年度の構成比である。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

 表3から、2016年度の期待する営業利益率が最も大きいのは、c事業部である。また、2016年度の各事業部の期待する営業利益をパレート図に表すと、図2のとおりになる。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

a、c に関する解答群

  • ア P
  • イ Q
  • ウ R
  • エ S
  • オ T

b に関する解答群

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

d に関する解答群

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

解説

aについて

売上高の比較なので、表3の2016年度の売上高の空白を埋めます。

Q事業部は表2より、売上高が5%増加し、2015年度の売上高が100(億円)なので、100 × 5 / 100 = 5(億円)増加します。(2016年度の売上高は105億円)

R事業部は表2より、売上高が10%増加し、2015年度の売上高が60(億円)なので、60 × 10 / 100 = 6(億円)増加します。(2016年度の売上高は66億円)

T事業部は表2より、売上高が50%増加し、2015年度の売上高が10(億円)なので、10 × 50 / 100 = 5(億円)増加します。(2016年度の売上高は15億円)

売上高の増価額が一番大きいのは「R事業部」なので、aには「ウ R」が入ります!

bについて

問題文に「2015年度と2016年度それぞれの売上高の事業部構成比を多重円グラフに表す」とあるので、表3の2016年の構成比を埋めます。構成比は次の式で算出できます。

構成比 = 事業部の売上高 / 合計売上高

事業部Qの構成比 = 105 / 416 = 25.2(%)

事業部Rの構成比 = 66 / 416 = 15.9(%)

事業部Tの構成比 = 15 / 416 = 3.6(%)

表3の2015年の構成比と2016年の構成比を比べると

事業部Pは微減(45.0% → 43.3%)

事業部Qは微増(25.0% → 25.2%)

事業部Rは微増(15.0% → 15.9%)

事業部Sは微減(12.5% → 12.0%)

事業部Tは微増(2.5% → 3.6%)

上記を表す多重円グラフは解答群の「イ」となります。ちょっと見にくいですが...

bには「イ」が入ります!

cについて

営業利益率を求めるので、表3の営業利益と営業利益率を埋めます。営業利益率は

営業利益率 =売上高 / 営業利益

P事業部は表2より、営業利益が10%増加し、2015年度の営業利益が14(億円)なので、14 × 10 / 100 = 1.6(億円)増加しますので、2016年度の営業利益は15.6億円です。営業利益率は、売上高が180(億円)なので、15.6 ÷ 180 × 100 = 8.7%となります!

S事業部は表2より、営業利益を10%に引き上げします、2015年度の売上高が50(億円)なので、50 × 10 / 100 = 5(億円)が営業利益となります。

表3の営業利益率を埋めると、一番営業利益率がいいのが「T事業部」なのでcには「オ T」が入ります!

dについて

dの解答群にあるのは営業利益のパレート図です。営業利益を高い順に並べると

1位 P事業部 15.6 億円 約43.1%

2位 Q事業部 12.6 億円 約34.8%

3位 S事業部 5.0 億円 約13.8%

4位 T事業部 2.0 億円 約5.5%

5位 R事業部 1.2 億円 約3.3%

比率 各事業部の営業利益/合計の営業利益(36.2億円)

上記の順に横軸が並び、折れ線グラフは累積なので、dには「イ」が入ります!

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 問7 経営戦略・企業と法務 目次

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 目次

業務で書いたことがないプログラミング言語の解説は控えさせていただきますので、解説はありません。

TOP :

タグ: ,,,

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説