総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問7 経営戦略・企業と法務 設問2

TOP :

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後問7 経営戦略・企業と法務

新システム稼働による業績改善に関する次の記述を読んで、設問1、2に答えよ。

 消費財メーカのZ社は、営業支援とコスト管理のための新システムを開発している。Z社には五つの事業部があり、各事業部の2015年度の売上高と営業利益の見込みは表1のとおりである。各事業部は、2016年度初日からの新システム稼働によって、2016年度に表2の業績改善を期待している。ここで、営業利益率は売上高に対する営業利益の比率である。

 Z社は、表1、2を基に、各事業部の2016年度の業績について予想することにした。ここで、2016年度の売上高と営業利益が2015年度から変動する要因は、新システム稼働による業績改善だけとする。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

設問2

Z社では、現在開発している新システムの稼働開始が遅延するリスクと、期待している効果が見込みよりも小さくなるリスクを考慮して、2016年度の業績を予想することにした。確率を考慮した業績の予想に関する次の記述中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

 Z社が想定した、新システムが稼働する時期と効果の実現度合いは、図3に示す決定木のとおりである。

平成27年度秋応用情報技術者試験午後過去問7 経営戦略・企業と法務

 図3から、新システムが予定どおり2016年度初日から稼働して、期待どおりの効果を実現する確率は、e

 同様に、新システムが稼働する時期と効果の実現度合いそれぞれの確率を考慮すると、2016年度の事業部の売上高合計の期待値を千万円の単位で四捨五入した額は、f億円になる。

e に関する解答群

  • ア 50%を上回る
  • イ 70%以上である
  • ウ 期待どおりの効果が実現できない確率よりも低い
  • エ 期待の40%以下の効果しか実現しない確率よりも低い
  • オ 期待の50%以下の効果しか実現しない確率の2倍以上である

f に関する解答群

  • ア 300
  • イ 312
  • ウ 404
  • エ 408
  • オ 412

解説

eの解説

図3から、新システムが予定どおり2016年度初日から稼働して、期待どおりの効果を実現する確率を求めます。

新システムが予定どおり2016年度初日から稼働する確率は70%

期待どおりの効果を実現する確率は70%

これらをかけたものが、「新システムが予定どおり2016年度初日から稼働して、期待どおりの効果を実現する確率」となります!

(70/100) ×(70/100) × 100 = 0.49 × 100 = 49%

従って、期待通りの効果を実現できない確率は51%です。

eには「ウ 期待どおりの効果が実現できない確率よりも低い」です!

fの解説

期待値は、それぞれの場合の売上高の合計値です。

期待どおりの効果を実現した場合、表1より売上高が400億円から416億円となり、100%実現すると16億円の効果があります。

図3より、すべてのパターンの確率を求めます。%はすべて小数点表記にしています(計算しやすいので)

2016年度初日から稼働(0.7):期待通りの効果が実現する(0.7)→0.49

2016年度初日から稼働(0.7):期待の80%の効果が実現する(0.3)→0.21

2016年度下半期初日から稼働(0.2):期待の50%の効果が実現する(0.7)→0.14

2016年度下半期初日から稼働(0.2):期待の40%の効果が実現する(0.3)→0.06

2016年度中に稼働しない(0.1):効果が出ない(1)→0.10

それぞれの場合の売上高を売上高 16(億円)× 上記で求めた確率 × 実現した時の効果率なので...

2016年度初日から稼働:期待通りの効果が実現する → 16 × 0.49 × 1 = 7.84

2016年度初日から稼働:期待の80%の効果が実現する → 16 × 0.21 × 0.8 = 2.688

2016年度下半期初日から稼働:期待の50%の効果が実現する → 16 × 0.14 × 0.5 = 1.12

2016年度下半期初日から稼働:期待の40%の効果が実現する → 16 × 0.06 × 0.3 = 0.288

2016年度中に稼働しない:効果が出ない → 16 × 0.10 × 0 = 0

合計すると 7.84 + 2.688 + 1.12 + 0.288 + 0 = 11.936 億円

千万円の単位で四捨五入した額は12億円となります!

fには「オ 412」が入ります!

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 問7 経営戦略・企業と法務 目次

平成27年度秋基本情報技術者試験 午後 目次

業務で書いたことがないプログラミング言語の解説は控えさせていただきますので、解説はありません。

TOP :

タグ: ,,,

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説