総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成28年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問3設問1 データベース 合格率アップ!動画付き解説!

従業員の通勤情報を管理する関係データベースに関する次の記述を読んで、設問1~4に答えよ。

 Y社では、従業員の1か月分の交通費の合計を通勤手当として支給している。交通費は、通勤に公共の交通機関を利用している場合は通勤経路の各区間運賃であり、自家用車を利用している場合は燃料費などの諸経費である。

 通勤手当は図1に示す表で管理していたが、より詳細に情報を管理するために、図2のとおり変更した。下線付きの項目は、主キーを表す。

従業員表

従業員番号 氏名 住所 ... 通勤手当
00980125 情報太郎 東京都文京区○○○ ... 10650

図1 変更前の標高生徒データ格納例

従業員表

従業員番号 氏名 住所 ...
00980125 情報太郎 東京都文京区○○○ ...

通勤費表

従業員番号 交通機関コード 交通費
00980125 B02 4800
00980125 S01 5850

交通機関表

交通機関コード 交通機関名
B01 ○○バス
B02 △△バス
C01 自家用車

図2 変更後の表構成とデータ格納例

設問1 変更後の表を用いて通勤手当に関するデータを集計する。次の記述中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

 従業員ごとの通勤手当を求めるには、aグループ化して、集合関数bを用いればよい。また、交通機関ごとの利用者数を求めるには、cグループ化して、集合関数dを用いればよい。

a、c に関する解答群

  • ア:交通機関表を交通機関コードで
  • イ:従業員表を従業員番号で
  • ウ:通勤費表を交通機関コードで
  • エ:通勤費表を従業員番号で

b、d に関する解答群

  • ア:AVG
  • イ:COUNT
  • ウ:MAX
  • エ:SUM

設問1の解説

aの正解は「エ 通勤費表を従業員番号で」です!

設問1を読むと、従業員ごとの通勤手当を求めるには、aグループ化して、とあります。

変更後の表で、通勤費が記載されているのは、通勤費表です。

また、従業員ごとの通勤手当を求めます、通勤費表には、従業員番号があるので、これを使いグループ化します。

上記をまとめると、aの正解は「エ 通勤費表を従業員番号で」です!

bの正解は「エ SUM」です!

従業員ごとの通勤手当なので、通勤手当を合計する必要があります。

選択肢の中で、合計を求める関数はSUMです。

従って、bの正解は「エ SUM」です!

ついでに

AVGは平均

COUNTはレコード数

MAXは最大値

を算出します。

cの正解は「ウ 通勤費表を交通機関コードで」です!

交通機関ごとの利用者数を求めるので、交通機関の利用履歴がわかる通勤費表を対象にします。

交通機関ごとなので、交通機関コードを利用します。

従って、cの正解は「ウ 通勤費表を交通機関コードで」です!

dの正解は「イ COUNT」です!

交通機関ごとの利用者数を求めるので、レコード数が必要です。

レコード数を算出関数はCOUNTです。

従って、dの正解は「イ COUNT」です!

平成28年度秋 基本情報技術者試験過去問午後 目次

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説