総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成28年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問4 ネットワーク 合格率アップ!動画付き解説!

Web画面の表示に要するデータ転送時間に関する次の記述を読んで、設問に答えよ。

 D社は、自社のWebサイトをインターネット上に公開している。

 D社では、Web画面1ページを構成する全データの転送に掛かる時間を、5秒以内に収めるよう基準を定めている。個々のデータの転送に掛かる時間は、D社が定めたデータ転送時間計算モデルを基に算出する。

 D社が定めたデータ転送時間計算モデルは、次のとおりである。

(1) ターンアラウンドタイム(ブラウザ、サーバ間で短いメッセージが往復するのに掛かる時間) t=0.005(秒)、実効転送速度(サーバ、ブラウザ間におけるデータ転送の速さ) e=1×106(バイト/秒)とする。

(2) ブラウザはキャッシュ機能をもっている。Web画面を表示する際に、必要なデータがブラウザにキャッシュされているときは、サーバに当該データの再転送の要否確認を要求する。再転送が必要な場合は、応答として当該データが転送される。

(3) ブラウザが、サーバに対して要求を送信し始めてから、要求に対する結果の受信が完了するまでに掛かる時間を、表1に示す。

(4) 表1に関わる通信処理は逐次実行され、複数の通信処理が並行して行われることはない。また、表1で示した時間以外は無視する。

表1 要求に対する結果の受信が完了するまでに掛かる時間

平成28年度秋 基本情報技術者試験午後問4 ネットワーク

 D社では、自社が取り扱う商品の情報を画像付きで一覧表示する機能(以下、一覧表示機能という)を、Webサイトに付加することにした。

 一覧表示機能を実現するに当たり、商品情報を一覧表示するWeb画面(以下、一覧表示画面という)1ページで表示する商品情報の最大数を、一覧表示画面を構成するデータの転送に掛かる時間を基に決定したい。一覧表示画面は、表示する商品の数にかかわらずに必要になるデータ(以下、固定データという)と、表示する商品の数に応じてデータサイズや個数が変動するデータ(以下、変動データという)で構成される。

 固定データはJavaScriptファイルやスタイルシート、画面の装飾に使う画像データなど合計100個あり、固定データ1個の平均サイズは 5×103バイトである。

 変動データは、一つのHTML文書データと、表示する商品n個分の画像データから成る。HTML文書データのサイズは、104+500×n バイトである。商品の画像データ1個の平均サイズは 25×103バイトである。

 固定データの全てがブラウザにキャッシュされているとき、それぞれのデータごとにデータの再転送の要否確認をサーバに要求したところ、全てに再転送が不要であるとの応答を受け取った。最初の要求をしてから最後の要求に対する応答を受け取るまでに掛かる時間はa秒である。

 固定データのいずれもがブラウザにキャッシュされていないとき、これらの固定データの総転送時間はb秒である。このとき、一覧表示画面1ページを構成するデータの転送時間がD社の基準を満たす商品情報の最大数nは、次式を解くことによって求めることができる。ここで、変動データもブラウザにキャッシュされていないものとする。

b+3×t+c+(3 × t + d) × n ≦ 5

設問 本文中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

a、b に関する解答群

  • ア:0.005
  • イ:0.015
  • ウ:0.02
  • エ:0.5
  • オ:0.515
  • カ:1
  • キ:1.5
  • ク:2

c、d に関する解答群

  • ア:104 + 500
  • イ:104 + 500 × n
  • ウ:25 × 103
  • エ:25 × 103 × n
  • オ:(104 + 500) / e
  • カ:(104 + 500 × n) / e
  • キ:(25 × 103) / e
  • ク:(25 × 103 × n) / e

aの解説

aの正解は「エ:0.5」です!

問題文には下記のように記載があります。

固定データの全てがブラウザにキャッシュされているとき、それぞれのデータごとにデータの再転送の要否確認をサーバに要求したところ、全てに再転送が不要であるとの応答を受け取った。最初の要求をしてから最後の要求に対する応答を受け取るまでに掛かる時間はa秒である。

まとめると

・固定データ

・全てがブラウザにキャッシュ

・全て再転送が不要

●固定データ

・100個

・1個の平均サイズは5 × 103

これを式に当てはめます。

表1のキャッシュされているで、再転送がに当てはまります。

固定データ1個あたりの秒数はtです。これが100個あるので、t×100です。

t = 0.005なので

0.005 × 100 = 0.5秒です!

正解は「エ:0.5」です!

bの解説

bの正解は「ク:2」です!

問題文には下記のように記載があります。

固定データのいずれもがブラウザにキャッシュされていないとき、これらの固定データの総転送時間はb秒である。

まとめると

・固定データ

・全てがブラウザにキャッシュされていない

●固定データ

・100個

・1個の平均サイズは5 × 103

表1のキャッシュされていないに当てはまるので、1個あたりのデータの時間は

3 × t + v ÷ e

です。固定データは100個あるので

(3 × t + v ÷ e) × 100

問題文より

t = 0.005(秒)

e = 1 × 106

この時の固定データは

v = 5 × 103

です。式に当てはめると

(3 × t + v ÷ e) × 100

= (3 × 0.005 + 5 × 103 ÷ 1 × 106) × 100

= (0.015 + 5 × 10-3) × 100 // 103 ÷ 106 = 103-6 = 10-3

= (0.015 + 0.005) × 100 // 5 × 10-3 = 0.005

= 0.02 × 100

= 2(秒)

従って、aには「ク:2」が入ります!

cdの解説

一覧表示画面は固定画面と変動画面という構成です。

キャッシュされていない場合を考えます。

固定データはbで求めており、2秒です。

変動データは次の2つです。

・HTML文書データ

・商品の画像データ

HTML文書データのサイズは、104 + 500 × nバイトです。

商品の画像データのサイズは、「1個あたり」25 × 103です。

nは商品数です。画像データはn分必要です。

これを式(3 × t + v ÷ e)に当てはめます。

・HTML文書データ

v = 104 + 500 × n(バイト)を

(3 × t + v ÷ e)に代入します。

(3 × t + (104 + 500 × n) ÷ e)

続いて画像データです。1画像あたりの転送時間を求める式は

v = 25 × 103(バイト)を

(3 × t + v ÷ e)に代入します。

(3 × t + (25 × 103) ÷ e)

これがn個あるので

(3 × t + (25 × 103) ÷ e) × n

これらを合わせると

b ク:2+3×t+c カ:(104 + 500 × n) / e +(3 × t + d キ:(25 × 103) / e) × n ≦ 5

従って

cには「カ:(104 + 500 × n) / e」が入ります!

dには「キ:(25 × 103) / e」が入ります!

平成28年度秋 基本情報技術者試験過去問午後 目次

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説