総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問6 プロジェクトマネジメント 設問1

プロジェクトの要員計画に関する次の記述を読んで、設問1、2に答えよ。

A社では、社内で使用する新システムの構築に関するプロジェクトの検討を進めてきた。プロジェクトは、システム開発が大規模になるので、要員の確保と納期遵守の観点から、一期開発と二期開発から成る2段階の開発とした。開発チームは、A社の要員と、協力会社B社の要員で編成することにした。

〔プロジェクトの説明〕

(1) 開発規模は、一期開発及び二期開発ともに同一である。

(2) 開発は、ウォータフォールモデルに基づいて、外部設計、内部設計、プログラム開発(単体テストを含む)、結合テスト及び総合テストの五つの工程に分ける。

(3) 一期開発は2017年4月に開始する。二期開発は、一期開発のプログラム開発の開始月に開始する。

(4) 各工程での月別要員計画の前提条件は、次のとおりである。

① 業務ノウハウ蓄積の観点から、外部設計工程の要員には、A社の要員を80%以上割り当てる。

② ①の条件を満たす最少の人数をA社の要員数とし、全期間を通して一定の人数とする。すなわち、A社の要員には、各月とも、全員が必ず担当する工程があるものとする。

③ プログラム開発工程には、一期開発及び二期開発ともに、B社の要員だけを割り当てる。

④ プログラム開発工程を除き、各月の必要要員については、まずA社の要員を割り当て、A社の要員だけでは不足する場合に、B社の要員を割り当てる。

⑤ 一期開発と二期開発の作業が重なる期間については、A社の要員を、一期開発に優先して割り当てる。

⑥ 一人が一期開発と二期開発の作業を同一月に行うことはない。

設問1

要員数に関する次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選ベ。

一期開発及び二期開発における各工程の工数及び配分月数を、表1のとおりに設定した。ここで、配分月数とは、あらかじめ各工程に配分した開発期間(月数)である。二期開発は、一期開発における成果が活用できることから、一期開発よりも、工数を削減することを目標とした。

表1 一期開発及び二期開発における各工程の工数及び配分月数

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問6 プロジェクトマネジメント

一期開発、二期開発それぞれにおける各工程の各月の要員数は次式で算出する。ここで、各月の要員数は、小数点以下を切り上げた整数値とする。

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問6 プロジェクトマネジメント

A社の要員数は、〔プロジェクトの説明〕(4)の前提条件に基づきa人になる。一期開発の外部設計工程では、B社の要員数は、各月ともにb人になる。一期開発及び二期開発の全工程について、要員数を求めた結果、各月でB社の要員数がばらついていることが分かった。そこで、各月のB社の要員数をできるだけ平準化するために、プログラム開発工程の配分月数を調整することにした。ここで、納期などの制約から、プログラム開発工程で許容される配分月数は、3~5である。

プログラム開発工程の配分月数を一期開発及び二期開発ともに4にする開発スケジュール案を表2に示す。この案の場合、2018年cが、〔プロジェクトの説明〕(4)の条件②を満たせないことが分かった。これは、プログラム開発工程の配分月数を、"d"又は"一期開発を5に、二期開発を4にする"ことで解消できる。

表2 プログラム開発工程の配分月数を一期開発及び二期開発ともに4にする開発スケジュール案

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問6 プロジェクトマネジメント

a、b に関する解答群

  • ア:2
  • イ:3
  • ウ:11
  • エ:12
  • オ:14
  • カ:42

c に関する解答群

  • ア:5月
  • イ:6月
  • ウ:7月
  • エ:8月

d に関する解答群

  • ア:一期開発を3に、二期開発を4にする
  • イ:一期開発を3に、二期開発を5にする
  • ウ:一期開発を4に、二期開発を3にする
  • エ:一期開発を4に、二期開発を5にする

設問1の解説

設問1はa, b, c, dの穴埋め問題です。

aはA社の要員数で、【プロジェクトの説明】(4)の前提条件に基づきとあります。

(4) 各工程での月別要員計画の前提条件は、次のとおりである。

① 業務ノウハウ蓄積の観点から、外部設計工程の要員には、A社の要員を80%以上割り当てる。

→ 外部設計は工数が42.0人月で配分月数が3月です。要員は14人(= 42 / 3)必要です。

  14人の80%は11.2人なので、12人となります。

② ①の条件を満たす最少の人数をA社の要員数とし、全期間を通して一定の人数とする。すなわち、A社の要員には、各月とも、全員が必ず担当する工程があるものとする。

→ 上記のことから、A社の要員は12人となります。aには「エ 12」が入ります!

bは外部設計工程のB社の要員数です。要員が14人必要で、A社の要員は12人なので、残り2人です。従って、bには「ア 2」が入ります!

プログラム開発を4月とします。問題では2018年の5月から8月の間に【プロジェクトの説明】(4)条件②の「② ①の条件を満たす最少の人数をA社の要員数とし、全期間を通して一定の人数とする。すなわち、A社の要員には、各月とも、全員が必ず担当する工程があるものとする。」を満たせません。

表2 プログラム開発工程の配分月数を一期開発及び二期開発ともに4にする開発スケジュール案を見ると、2018年の7月は一期開発が終わり、二期開発もプログラム開発中なので、A社要員がすることがありません。これは「各月とも、全員が必ず担当する工程があるものとする。」を満たせません。

cには「ウ 7月」が入ります!

上記条件を満たすために、工数が変更できるプログラム開発を調整します。

プログラム開発は3から5まで調整可能です。

1つ目のは問題文にある通り一期開発のプログラム開発を5、二期開発のプログラム開発を4にします。そうすると一期の総合テストが2018年7月となり、A社の要員が必要となります。ちなみに総合テストは42人月で3ヶ月なので14人必要で、A社要員12人全員が必要です。

もしくは、一期開発のプログラム開発を4のままで、二期開発を3にすると、2017年7月は二期開発の結合テストとなり、A社の要員が必要です。二期開発の結合テストは48.0人月で配分月数が2月なので、24人必要です。A社要員12人全員が必要です。

設問2

要員計画に関する次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

プログラム開発工程の配分月数を、"一期開発を5に、二期開発を4にする"案を選択した。その上で、更に要員計画策定中にユーザ部門から二期開発の追加要件を受けて見直した開発スケジュール案を表3に示す。

表3 見直した開発スケジュール案

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問6 プロジェクトマネジメント

各月のB社の総要員数(B社の一期開発及び二期開発の要員数の合計)は、ピーク時の2018年4月に他の月よりも突出する。ピーク時のB社の総要員数を減らし、3月から5月の3か月間の各月のB社の総要員数を等しくしたい。そのためには、この3か月間に実施する各工程の月ごとの要員数は一定ではなくなるが、4月の一期開発の要員のうちe人を3月に移動し、二期開発の要員のうちf人を5月に移動すればよい。

e、f に関する解答群

  • ア:1
  • イ:2
  • ウ:3
  • エ:4
  • オ:5
  • カ:6

設問2の解説

efはB社要員数の平均化の問題です。

3月のB社要員は一期開発が15人、二期開発が22人で、合計37人です。

4月のB社要員は一期開発が15人、二期開発が33人で、合計48人です。

5月のB社要員は一期開発が2人、二期開発が33人で、合計35人です。

3ヶ月の合計要員数は37+48+35=120人です。

3月の合計は37人なので、4月の要員が3人移動します。4月は45人です。

5月の合計は35人なので、4月の要員が5人移動します。4月は40人です。

従って、eには「ウ 3」、fには「オ 5」が入ります!

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説