総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問7 システム戦略 設問1

在庫補充方法の変更に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

食品メーカのM社では、コスト削減やキャッシュフローの改善を目的として、自社の在庫補充方法を変更して在庫量の削減を図ることにした。従来は、毎週月曜日に、保管を委託している全ての配送倉庫の全商品について、配送倉庫ごとに、当該週を含む4週間分の出荷予想、量と在庫量を比較し、出荷予想量に満たない量を工場から補充していた。このたびM社では、出荷予想、量を算出する期間を見直し、配送倉庫、商品群、賞味期限ごとに在庫基準量を設定し、在庫量が在庫基準量に満たない場合、その差を在庫補充量として補充することにした。この新しい在庫補充方法を次に示す。

〔新しい在庫補充方法〕

(1) 販売量が多い商品群A、中程度の商品群B、少ない商品群Cの商品群別に管理する。

(2) 賞味期限が短い商品(以下、短期品という)は、全ての商品群について2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(3) 賞味期限が中程度の商品(以下、中期品という)は、商品群Aについて2週間分の出荷予想量を、商品群B及びCについて3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(4) 賞味期限が長い商品(以下、長期品という)は、全ての商品群について3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(5) 配送倉庫の中には、工場から遠く、すぐに在庫を補充できない配送倉庫(以下、遠隔地倉庫という)がある。遠隔地倉庫における商品群Aの商品の在庫基準量は、(2)~(4)にかかわらず次のとおりとする。

 ① 短期品は、2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

 ② 中期品は、3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

 ③ 長期品は、4週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(6) 遠隔地倉庫における商品群B及びCの商品は全て、(2)~(4)にかかわらず4週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

設問1

在庫量を削減することによって期待される効果に関する次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

M社では、在庫量を削減することによって、原材料購入から商品販売までの期間を短くできるのでaできる。また、bの削減も期待できる。さらに、在庫として保有する期間が短くなるので、商品のcについても期待できる。

a に関する解答群

  • ア:売掛金の回収期間を短縮
  • イ:買掛金の支払期間を延長
  • ウ:キャッシュの回収期間を短縮
  • エ:資金の調達期間を延長

b に関する解答群

  • ア:在庫スペースの縮小による保管コスト
  • イ:商品種類の減少による管理コスト
  • ウ:商品種類の減少による商品開発コスト
  • エ:フリーキャッシュフローの減少による事務コスト

c に関する解答群

  • ア:欠品によって販売機会を逸失するリスクの低減
  • イ:限界利益率の低下
  • ウ:賞味期限切れが発生するリスクの低減
  • エ:損益分岐点販売量の増加

設問1の解説

M社は食品メーカであり

在庫量を削減する

→ 原材料購入から商品販売までの期間を短るできる

→ 原材料に購入にかかった費用を商品販売によりキャッシュを回収(a

→ 在庫が減る

→ 在庫保管コストが減る(b

→ 在庫として保有する期間が短くなる

→ 商品の賞味期限切れが減る(c/span>)

従って

a「ウ キャッシュの回収期間を短縮」

b「ア 在庫スペースの縮小による補完コスト」

c「ウ 賞味期限切れが発生するリスクの低減」

が入ります!

設問2

M社では、新しい在庫補充方法に合わせて在庫管理システムの変更を検討している。その準備として、在庫基準量を決定するために表1に示す決定表を作成した。表1中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

表1 新しい在庫補充方法における在庫基準量の決定表

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問7 システム戦略

d に関する解答群

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問7 システム戦略

e に関する解答群

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問7 システム戦略

設問2の解説

表1 新しい在庫補充方法における在庫基準量の決定表

と、〔新しい在庫補充方法〕

(1) 販売量が多い商品群A、中程度の商品群B、少ない商品群Cの商品群別に管理する。

(2) 賞味期限が短い商品(以下、短期品という)は、全ての商品群について2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(3) 賞味期限が中程度の商品(以下、中期品という)は、商品群Aについて2週間分の出荷予想量を、商品群B及びCについて3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(4) 賞味期限が長い商品(以下、長期品という)は、全ての商品群について3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(5) 配送倉庫の中には、工場から遠く、すぐに在庫を補充できない配送倉庫(以下、遠隔地倉庫という)がある。遠隔地倉庫における商品群Aの商品の在庫基準量は、(2)~(4)にかかわらず次のとおりとする。

 ① 短期品は、2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

 ② 中期品は、3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

 ③ 長期品は、4週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

(6) 遠隔地倉庫における商品群B及びCの商品は全て、(2)~(4)にかかわらず4週間分の出荷予想量を在庫基準量とする。

より

dの上段が長期品、下段が中期品と過程すると

遠隔地倉庫ではない N

A商品群である Y

長期品である Y

→ 3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

遠隔地倉庫ではない N

A商品群である Y

長期品ではない N

中期品である Y

→ 2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

遠隔地倉庫ではない N

A商品群である Y

長期品ではない N

中期品ではない N

(短期品)

→ 2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

上記のことから、dの上段が長期品、下段が中期品(エ)です!

dの上段が長期品、下段が中期品とすると

遠隔地倉庫ではない N

A商品群ではない N

長期品である Y

→ 3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

遠隔地倉庫ではない N

A商品群ではない N

長期品ではない N

中期品である Y

→ 3週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

遠隔地倉庫ではない N

A商品群ではない N

長期品ではない N

中期品ではない N

(短期品)

→ 2週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

遠隔地倉庫である Y

A商品群である Y

長期品である Y

→ 4週間分の出荷予想量を在庫基準量とする

従って、eとなります!

設問3

M社では、新しい在庫補充方法による在庫量の削減効果を、遠隔地倉庫ではないN配送倉庫について見積もることにした。表2は、ある月曜日におけるN配送倉庫の在庫量及び4週間分の出荷予想量である。N配送倉庫の在庫補充量及び在庫量に関する次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

表2 N配送倉庫の在庫量及び4週間分の出荷予想量

平成29年度春 基本情報技術者過去問 午後問7 システム戦略

新しい在庫補充方法に基づく商品Pの在庫補充量はf百箱となる。また、商品Rの在庫補充量は、従来の在庫補充方法に基づく在庫補充量に比べてg百箱の削減となる。商品P、Q、R、S及びTの合計では、新しい在庫補充方法の導入によって従来の在庫補充方法に比べて、補充後の在庫量をh百箱削減できる。

f、g、h に関する解答群

  • ア:30
  • イ:60
  • ウ:70
  • エ:120
  • オ:170
  • カ:180
  • キ:230
  • ク:300
  • ケ:400
  • コ:440

設問3の解説

商品Pは商品群Aで短期品なので在庫基準量は2週間分です。在庫量が120百箱です。

1週目の出荷予想量が100百箱、2週目が80百箱なので180百箱在庫が必要です。

必要なのは180 - 120 = 60百箱です。

従って、fには「イ 60」百箱が入ります!

商品Rは商品群Bで中期品なので在庫基準量は3週間分です。在庫量が30百箱です。

1週目の出荷予想量が30百箱、2週目が40百箱、3週目が40百箱なので110百箱在庫が必要です。

必要なのは110 - 30 = 80百箱です。

従来だと、4周目までの在庫予想量を持つので、30 + 40 + 40 + 30 = 140百箱となり、60百箱削減となります。

従って、gには「イ 60」百箱が入ります!

商品P,Q,R,S,Tのそれぞれの新しい在庫補充法での在庫補充量と従来の補充法での在庫補充量を計算します。

商品P

新しい在庫補充法での在庫補充量

商品群A 短期品 → 2週間分 → 100百箱 + 80百箱

従来の補充法での在庫補充量

4週間分 → 100百箱 + 80百箱 + 50百箱 + 70百箱

削減は50百箱 + 70百箱 = 120百箱

商品Q

新しい在庫補充法での在庫補充量

商品群A 中期品 → 2週間分 → 120百箱 + 140百箱

従来の補充法での在庫補充量

4週間分 → 120百箱 + 140百箱 + 100百箱 + 120百箱

削減は100百箱 + 120百箱 = 220百箱

商品R

新しい在庫補充法での在庫補充量

商品群B 中期品 → 3週間分 → 30百箱 + 40百箱 + 40百箱

従来の補充法での在庫補充量

4週間分 → 30百箱 + 40百箱 + 40百箱 + 30百箱

削減は30百箱

商品S

新しい在庫補充法での在庫補充量

商品群B 長期品 → 3週間分 → 20百箱 + 20百箱 + 20百箱

従来の補充法での在庫補充量

4週間分 → 20百箱 + 20百箱 + 20百箱 + 20百箱

削減は20百箱

商品T

新しい在庫補充法での在庫補充量

商品群C 長期品 → 3週間分 → 10百箱 + 5百箱 + 5百箱

従来の補充法での在庫補充量

4週間分 → 10百箱 + 5百箱 + 5百箱 + 10百箱

削減は10百箱

合計 120 + 220 + 30 + 20 + 10 = 400百箱

hには「ケ 400」が入ります!

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説