総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成30年度春 基本情報技術者試験午前 過去問67|合格率アップ!動画解説!

TOP :

平成30年度春 基本情報技術者試験午前 過去問67

あるメーカがビールと清涼飲料水を生産する場合、表に示すように6種類のケース(A〜F)によって異なるコストが掛かる。このメーカの両製品の生産活動におけるスケールメリットとシナジー効果についての記述のうち、適切なものはどれか。

ケース ビール(万本) 清涼飲料水(万本) コスト(万円)
A 20 0 1,500
B 40 0 3,300
C 0 10 500
D 0 20 1,100
E 20 10 1,900
F 40 20 4,200
  • ア:スケールメリットはあるが、シナジー効果はない。
  • イ:スケールメリットはないが、シナジー効果はある。
  • ウ:スケールメリットとシナジー効果がともにある。
  • エ:スケールメリットとシナジー効果がともにない。

正解:イ

解説

あるメーカがビールと清涼飲料水を生産する場合、表に示すように6種類のケース(A〜F)によって異なるコストが掛かる。このメーカの両製品の生産活動におけるスケールメリットとシナジー効果についての記述のうち、適切なものは「イ:スケールメリットはないが、シナジー効果はある。」です!

例えば...

ケースAの場合、ビール20万本でコストは1,500万円です。

ケースBの場合、ビール40万本でコストは3,300万円です。

であり、2倍になると、コストが上がっています。

ケースCの場合、清涼飲料水10万本でコストは500万円です。

ケースDの場合、清涼飲料水20万本でコストは1,100万円です。

であり、2倍になると、コストが上がっています。

従って、生産増やすことによってコストが下がることはなくスケールメリットはありません。

続いて

ケースEの場合、ビール20万本、清涼飲料水10万本でコストは1,900万円です。

これはケースAとケースCを合わせたものよりも安くなります。

ケースFの場合、ビール40万本、清涼飲料水20万本でコストは4,200万円です。

これもケースBとケースDを合わせたものよりも安くなります。

従って、ビールと清涼飲料水を同時に生産することによってコストが下がるのでシナジー効果があるといえます。

TOP :

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説