総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成30年度春 基本情報技術者試験午前 過去問73|合格率アップ!動画解説!

TOP :

平成30年度春 基本情報技術者試験午前 過去問73

セル生産方式の利点が生かせる対象はどれか。

  • ア:生産性を上げるために、大量生産が必要なもの
  • イ:製品の仕様が長期間変わらないもの
  • ウ:多種類かつフレキシブルな生産が求められるもの
  • エ:標準化、単純化、専門家による分業が必要なもの

正解:ウ

解説

セル生産方式の利点が生かせる対象は「ウ:多種類かつフレキシブルな生産が求められるもの」です!

セル型生産方式とは、一人または少人数で最初の工程から最後の工程までを担当する多品種少量生産向きの生産方式のことです。

JustInTIme

メリット

  1. 多品種少量生産への対応に優れている
  2. フレキシブルな生産が求められるものに優れている

部品を一部変更するだけで、違う種類の製品を生産することができます。

TOP :

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説