総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 問2 ソフトウェア|合格率アップ!動画解説!

論理回路に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

主要な論理演算の真理値表を表1に示す。

表1 主要な論理演算の真理値表

入力 出力 AND(論理積) 出力 OR(論理和) 出力 NAND(否定論理積) 出力 NOR(否定論理和)
0 0 0 0 1 1
0 1 0 1 1 0
1 0 0 1 1 0
1 1 1 1 0 0

設問1

表1に示した論理演算を行う論理回路を用いて、表2に示すXOR(排他的論理和)の論理演算を行う論理回路を図1のとおり作成した。図1中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

表2 XOR(排他的論理和)の真理値表

入力 出力
0 0 0
0 1 1
1 0 1
1 1 0

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 過去問1

図1 XOR(排他的論理和)の論理回路

a に関する解答群

  • ア AND
  • イ NAND
  • ウ NOR
  • エ OR

設問2

1桁の2進数X、Yを入力して、その和の下位桁をZ、桁上がりをCに出力する半加算器の論理回路を図2に示す。図2中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 過去問1

図2 半加算器の論理回路

b, c に関する解答群

  • ア AND
  • イ NAND
  • ウ NOR
  • エ OR
  • オ XOR

設問3

論理回路に関する次の記述中の に入れる正しい答えを、解答群の中から選べ。

 この論理回路は、1ビットの入力 X、Y をそれぞれパラメタ Wx、Wy で重み付けして加算した結果を求め、パラメタ T をしきい値として、次のとおりに動作する。

Wx × X + Wy ×Y ≧ Tのとき、1をZに出力する。

Wx × X + Wy ×Y < Tのとき、0をZに出力する。

 例えば、パラメタ Wx が 0.5、Wyが 0.5、T が 0.3(以下、パラメタ〔0.5、0.5、0.3〕のように表記する)の場合には、表3に示すとおり、この論理回路における入力と出力の関係(以下、入出力関係という)はOR(論理和)になる。

表3 パラメタ〔0.5, 0.5, 0.3〕

入力X 入力Y Wx × X + Wy × Y T 出力 Z
0 0 0.5 × 0 + 0.5 × 0 0.3 0
0 1 0.5 × 0 + 0.5 × 1 0.3 1
1 0 0.5 × 1 + 0.5 × 0 0.3 1
1 1 0.5 × 1 + 0.5 × 1 0.3 1

同様に、

(1) AND(論理積)になる入出力関係は、パラメタdで実現できる。

(2) NAND(否定論理積)になる入出力関係は、パラメタeで実現できる。

d, e に関する解答群

  • ア 〔-0.5, -0.5, -0.8〕
  • イ 〔-0.5, -0.5, -0.2〕
  • ウ 〔0.5, 0.5, -0.5〕
  • エ 〔0.5, 0.5, 0.2〕
  • オ 〔0.5, 0.5, 0.8〕
  • カ 〔0.5, 0.5, 1.5〕

設問1 解答

a エ OR

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 過去問2

設問2 解答

b オ XOR

c ア AND

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 過去問2

設問3 解答

d オ 〔0.5, 0.5, 0.8〕

e ア 〔-0.5, -0.5, -0.8〕

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 過去問2

平成30年度春 基本情報技術者試験午後 過去問

平成30年度春 基本情報技術者試験午前 過去問

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説