総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 問5 ソフトウェア設計|合格率アップ!動画解説!

購買管理システムで行う処理に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

 自動車用アクセサリ類を製造しているK社では、購買部門が部品を発注する際に利用する購買管理システムを構築中である。システム部のC君は、購買ファイル更新可否チェック処理の開発を担当することになった。

 購買ファイル更新可否チェック処理においては、部品の購入依頼情報を格納したファイル(以下、依頼ファイルという)中の各レコードについて、購買ファイルを更新できるかどうかをチェックする。更新することができないレコードは、更新対象外依頼ファイルに出力する。更新することができるレコードは、更新用依頼ファイルに出力し、一連の処理として実行する購買ファイル更新処理に引き渡す。ここで、依頼ファイルは、1日に1回、バッチ処理時間帯に製造部門から受け取る。依頼ファイルには、過去に受け取った購入依頼情報のレコードは含まれない。購買ファイル更新可否チェック処理の位置付けを、図1に示す。

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問5 ソフトウェア設計

図1 購買ファイル更新可否チェック処理の位置づけ

 依頼ファイル及び購買ファイルのレコードの項目を表1に、その項目の説明を表2に示す。更新用依頼ファイル及び更新対象外依頼ファイルのレコードの項目は、依頼ファイルのレコードの項目と同じである。

表1 依頼ファイル及び購買ファイルのレコードの項目

ファイル名 項目
依頼ファイル 依頼ID, 依頼日時, 品番, 個数, 納期, 依頼者, 依頼種別
購買ファイル 依頼ID, 依頼日時, 品番, 個数, 納期, 依頼者, 購買ステータス

注記 下線付きの項目は主キーを表す。

表2 依頼ファイル及び購買ファイルのレコードの項目の説明

項目名 説明
依頼ID 購入依頼情報を識別するために、購入依頼情報を新規に作成するときに、製造部門で採番して設定する一意な番号。購入依頼情報の変更又は削除のときは、新規に作成した時の依頼IDを設定する。
依頼日時 依頼ファイルにレコードを格納した日時
品番 発注する部品の品番
個数 発注する部品の個数
納期 納品希望日
依頼者 製造部門の担当者名
依頼種別 "登録"、"変更"、"削除"がある。
購買ステータス "購買買付"、"見積り中"、"発注済"、"納品済"がある。

(1) 依頼種別には、依頼者が購入依頼情報を新規に作成するときは"登録"が、変更するときは"変更"が、削除するときは"削除"が設定される。

(2) 購買ステータスには、購買部門が発注先に見積りを依頼する前は"購買受付"が、見積りを依頼して発注するまでの間は"見積り中"が、発注して納品されるまでの間は"発注済"が、納品後は"納品済"が設定される。

〔購買ファイル更新可否チェック処理の概要〕

(1) 依頼ファイルのレコードの、依頼IDと依頼種別を除く項目の内容は、正しいものとする。

(2) 依頼IDの昇順に整列された依頼ファイルのレコードを先頭から順に読み込んで、全てのレコードにづいて次の処理を行う。

① 購買ファイルに同じ依頼IDをもつレコードがない場合

依頼ファイルから読み込んだレコードの依頼種別が"登録"であれば、そのレコードを対象レコード出力処理を使って更新用依頼ファイルに出力する。

② 購買ファイルに同じ依頼IDをもつレコードがある場合

購買ステータスが"購買受付"又は"見積リ中"で、依頼ファイルから読み込んだレコードの依頼種別が"変更"又は"削除"であれば、そのレコードを対象レコード出力処理を使って更新用依頼ファイルに出力する。

③ ①と②の処理で更新用依頼ファイルに出力しなかったレコードを、対象外レコード出力処理を使って更新対象外依頼ファイルに出力する。

 購買ファイル更新可否チェック処理の流れ図を、図2に示す。

注記 流れ図中の"依頼種別"は依頼ファイルから読み込んだレコードの依頼種別の値を表し、"購買ステータス"は購買ファイルから読み込んだレコードの購買ステータスの値を表す。

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問5 ソフトウェア設計

図2 購買ファイル更新可否チェック処理の流れ図

設問1

図2中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。ここで、a1とa2に入れる答えは、aに関する解答群の中から組合せとして適切なものを選ぶものとする。

a に関する解答群

a1 a2
依頼種別 = "登録" 依頼種別 = "削除"
依頼種別 = "登録" 依頼種別 ≠ "削除"
依頼種別 ≠ "登録" 依頼種別 = "削除"
依頼種別 ≠ "登録" 依頼種別 ≠ "削除"
依頼種別 = "変更" 依頼種別 = "削除"
依頼種別 = "変更" 依頼種別 ≠ "削除"

設問2

購買ファイル更新可否チェック処理のテストケースを設計する。テストケースに漏れがないように購買ファイル更新可否チェック処理で出力するファイルに着目して、決定表を作成した。出力するファイルの決定表を表3に示す。表3中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

表3 出力するファイルの決定表

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問5 ソフトウェア設計

1) 依頼ファイルから読み込んだレコードと依頼IDが同じ購買ファイルのレコードがある。

2) 更新対象外依頼ファイルに出力

b, c に関する解答群

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問5 ソフトウェア設計

設問3

次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

 購買ファイル更新可否チェック処理のテストのためにテスト用レコードを作成した。購買ファイルには表4に示すテスト用レコードを、依頼ファイルには表5に示すテスト用レコードを、事前に格納しておいた。

表4 購買ファイルのテスト用レコード

依頼ID 依頼日時 品番 個数 納期 依頼者 購買ステータス
10000003 2018-10-19 10:00 A 100 2018-12-10 山田 購買受付
10000004 2018-10-19 11:00 B 300 2018-12-10 鈴木 見積り中
10000005 2018-10-19 11:00 D 100 2018-12-10 田中 見積り中
10000006 2018-10-19 11:00 C 200 2018-12-11 佐藤 発注済

表5 依頼ファイルのテスト用レコード

依頼ID 依頼日時 品番 個数 納期 依頼者 依頼種別
10000003 2018-10-20 10:00 A 100 2018-12-10 山田 削除
10000004 2018-10-20 11:00 B 400 2018-12-10 鈴木 登録
10000005 2018-10-20 11:05 D 200 2018-12-10 田中 変更
10000006 2018-10-20 11:10 C 200 2018-12-11 佐藤 削除
10000007 2018-10-20 11:15 E 300 2018-12-08 佐藤 登録
10000008 2018-10-20 12:00 F 300 2018-12-08 斎藤 変更

 これらのテスト用レコードを用いて、購買ファイル更新可否チェック処理を実行した場合、図2の破線で囲んだ処理のうち、対象外レコード出力処理では依頼IDがdのレコードが処理され、対象レコード出力処理では依頼IDがeのレコードが処理される。

d に関する解答群

ア 10000003

イ 10000004

ウ 10000005

エ 10000006

オ 10000007

e に関する解答群

ア 10000003 と 10000005

イ 10000004 と 10000005

ウ 10000004 と 10000006

エ 10000005 と 10000008

設問1 解説

図2中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。ここで、a1とa2に入れる答えは、aに関する解答群の中から組合せとして適切なものを選ぶものとする。

a に関する解答群

a1 a2
依頼種別 = "登録" 依頼種別 = "削除"
依頼種別 = "登録" 依頼種別 ≠ "削除"
依頼種別 ≠ "登録" 依頼種別 = "削除"
依頼種別 ≠ "登録" 依頼種別 ≠ "削除"
依頼種別 = "変更" 依頼種別 = "削除"
依頼種別 = "変更" 依頼種別 ≠ "削除"

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問問5 ソフトウェア設計

設問2 解説

購買ファイル更新可否チェック処理のテストケースを設計する。テストケースに漏れがないように購買ファイル更新可否チェック処理で出力するファイルに着目して、決定表を作成した。出力するファイルの決定表を表3に示す。表3中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

表3 出力するファイルの決定表

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問5 ソフトウェア設計

1) 依頼ファイルから読み込んだレコードと依頼IDが同じ購買ファイルのレコードがある。

2) 更新対象外依頼ファイルに出力

b, c に関する解答群

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問5 ソフトウェア設計

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問問5 ソフトウェア設計

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問問5 ソフトウェア設計

設問3 解説

次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

 購買ファイル更新可否チェック処理のテストのためにテスト用レコードを作成した。購買ファイルには表4に示すテスト用レコードを、依頼ファイルには表5に示すテスト用レコードを、事前に格納しておいた。

表4 購買ファイルのテスト用レコード

依頼ID 依頼日時 品番 個数 納期 依頼者 購買ステータス
10000003 2018-10-19 10:00 A 100 2018-12-10 山田 購買受付
10000004 2018-10-19 11:00 B 300 2018-12-10 鈴木 見積り中
10000005 2018-10-19 11:00 D 100 2018-12-10 田中 見積り中
10000006 2018-10-19 11:00 C 200 2018-12-11 佐藤 発注済

表5 依頼ファイルのテスト用レコード

依頼ID 依頼日時 品番 個数 納期 依頼者 依頼種別
10000003 2018-10-20 10:00 A 100 2018-12-10 山田 削除
10000004 2018-10-20 11:00 B 400 2018-12-10 鈴木 登録
10000005 2018-10-20 11:05 D 200 2018-12-10 田中 変更
10000006 2018-10-20 11:10 C 200 2018-12-11 佐藤 削除
10000007 2018-10-20 11:15 E 300 2018-12-08 佐藤 登録
10000008 2018-10-20 12:00 F 300 2018-12-08 斎藤 変更

 これらのテスト用レコードを用いて、購買ファイル更新可否チェック処理を実行した場合、図2の破線で囲んだ処理のうち、対象外レコード出力処理では依頼IDがdのレコードが処理され、対象レコード出力処理では依頼IDがeのレコードが処理される。

d に関する解答群

ア 10000003

イ 10000004

ウ 10000005

エ 10000006

オ 10000007

e に関する解答群

ア 10000003 と 10000005

イ 10000004 と 10000005

ウ 10000004 と 10000006

エ 10000005 と 10000008

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問問5 ソフトウェア設計

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問問5 ソフトウェア設計

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問問5 ソフトウェア設計

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説