総視聴再生時間43万分以上(2017年5月13日現在)の動画で基本情報技術者試験の過去問&キーワード解説!スキマ時間に動画!〜これじょIT〜

PR広告

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 問7 システム戦略|合格率アップ!動画解説!

広告制作業務の現状把握と改善に関する次の記述を読んで、設問1~3に答えよ。

 X社は、新聞、雑誌、カタログ誌などの紙媒体に掲載する広告(以下、紙広告という)及びインターネット上のWebサイトに掲載する広告(以下、Web広告という)を取り扱う広告制作会社であり、複数の拠点で業務を行っている。

 各拠点では、担当するエリア内で営業活動を行い、エリア内の顧客から受け取った広告原稿を基に、広告を制作する。各拠点の体制を、図1に示す。

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問7 システム戦略

図1 各拠点の体制

 X社では、広告原稿の受渡しを手渡しで行っている。制作部門では、営業部門から広告原稿をいつ受け取り、営業部門にいつ返却のために渡したかを、授受管理簿に記録する。授受管理簿には、広告原稿を用いて作業を行う担当者が誰であるかも、併せて記入している。授受管理簿の様式を、図2に示す。

連番 受付日 営業担当者 顧客名 紙広告原稿枚数 Web広告原稿枚数 返却日 返却事由 作業担当者
審査担当者 紙広告作成担当者 Web広告作成担当者

図2 授受管理簿の様式

〔制作部門での作業の流れ〕

(1) 管理グループの作業1

① 営業部門から受け取った広告原稿を確認し、授受管理簿の通番、受付日、営業担当者、顧客名、紙広告原稿枚数、Web広告原稿枚数の欄に記入する。ここで、広告原稿が紙広告又はWeb広告の一方だけの場合は、広告原稿のない方の原稿枚数は"-"とする。

② 広告原稿の形式的な点検(枚数の過不足、折れや汚れの有無など)を行う。

③ 点検の結果、不備がある場合は、返却のために広告原稿を営業部門に渡す。授受管理簿の返却日、返却事由の欄に記入する。返却事由は"原稿不備"とする。営業部門に渡すときに、待ちは発生しない。

④ 点検の結果、不備がない場合は、作業担当者を決定し、審査担当者、紙広告作成担当者、Web広告作成担当者の欄に記入する。ここで、広告原稿が紙広告又はWeb広告の一方だけの場合は、広告原稿のない方の作成担当者は"-"とする。記入した後、広告原稿を審査担当者に渡す。審査担当者に渡すときに、待ちは発生しない。

(2) 審査グループの作業

① 広告原稿の内容がX社の広告制作基準に違反していないかどうかを審査し、審査結果を"適"又は"不適"として、審査票を起票する。

② 広告原稿と審査票を管理グループに渡す。管理グループに渡すときに、待ちは発生しない。

(3)管理グループの作業2

① 審査結果が"不適"であれば、審査票の写しをとり、審査票の原本は保管する。その写しを添えて、返却のために広告原稿を営業部門に渡す。授受管理簿の返却日、返却事由の欄に記入する。返却事由は"基準違反"とする。営業部門に渡すときに、待ちは発生しない。

② 審査結果が"適"であれば、審査票の原本を保管し、広告原稿を紙広告とWeb広告とに分けて、それぞれを決定している作成担当者に渡す。

他の作業を行っている場合は、作業の終了を待って渡す。

他の作業を行っていない場合は、すぐに渡す。

(4)作成グループの作業

① 受け取った広告原稿を基に、広告を作成する。

② 作成完了後、作成担当者が、作成した広告(以下、作成済広告という)と広告原稿を管理グループに渡す。管理グループに渡すときに、待ちは発生しない。

(5)管理グループの作業3

① 紙広告とWeb広告について、受け取った広告原稿と作成済広告がそろっているかどうかを授受管理簿と照合して確認する。

② 確認の結果、紙広告とWeb広告について、どちらかに不足がある場合は、必要なものが全てそろうまで待つ。

③ 確認の結果、紙広告とWeb広告について、必要なものが全てそろっている場合は、営業部門に広告原稿と作成済広告を渡す。授受管理簿の返却日、返却事由の欄に記入する。返却事由は"作成完了"とする。営業部門に広告原稿と作成済広告を渡すときに、待ちは発生しない。

設問1

10月11日における授受管理簿を、図3に示す。通番6の行の広告原稿については、〔制作部門での作業の流れ〕(1)④の作業を実施し、完了したところである。図3中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

連番 受付日 営業担当者 顧客名 紙広告原稿枚数 Web広告原稿枚数 返却日 返却事由 作業担当者
審査担当者 紙広告作成担当者 Web広告作成担当者
1 10月4日 佐々木 2枚 2枚 10月10日 作成完了 佐藤 高橋 伊藤
2 10月5日 山口 3枚 - 10月5日 原稿不備
3 10月5日 松本 - 3枚 10月6日 基準違反 佐藤 - 渡辺
4 10月6日 松本 5枚 - 10月10日 作業完了 鈴木 田中 -
5 10月7日 山口 - 2枚 10月10日 作成完了 佐藤 - 山本
6 10月11日 佐々木 - 5枚

注記 網掛けの部分は表示していない。空白の部分は未記入であることを示す。

図3 10月11日における授受管理簿

解答群

佐藤 - 渡辺

佐藤 - -

10月11日 原稿不備 佐藤 - 渡辺

10月11日 原稿不備

設問2

作成グループにおいて、広告原稿の"紛失事故"騒動が発生した。"紛失事故"の原因は、Web広告作成担当者が、広告原稿を保管した場所を勘違いしていたことであった。広告原稿は翌日に発見されて事なきを得たが、X社の作業方法では、広告原稿をグループ間で受け渡すとき及び営業部門に渡すときに待ちが発生する場合がある。この場合に、一時的な保管が必要となって、"紛失事故"が誘発されるおそれがある。

 〔制作部門での作業の流れ〕のうち、作成グループの作業以外の作業で、広告原稿の一時的な保管に伴って"紛失事故"が誘発されるおそれがある作業として適切な答えを二つ、解答群の中から選べ。

解答群

ア 管理グループの作業1

イ 管理グループの作業2

ウ 管理グループの作業3

エ 審査グループの作業

設問3

X社では、"紛失事故"が誘発されるおそれを低減させ、管理グループの作業を軽減させるために、広告原稿については、電子化を行って、サーバ上で共有することで、これまでの手渡しによる受渡しの作業をなくすことを構想している。広告原稿を電子化する時点の候補として、営業部門が制作部門に渡す直前(以下、営業出口という)と、制作部門が営業部門から受け取った直後(以下、制作入口という)が挙がっている。ここで、作成済広告の受渡しは、手渡しのままとする。

 次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

図3の通番4に対応する制作部門での一連の作業において管理グループが行った作業を、表1に整理した。項番1の受渡し作業に関して、広告原稿、審査票、作成済広告のそれぞれについて、管理グループが受けの作業を行った件数と、管理グループが渡しの作業を行った件数の合計は9件であった。広告原稿の電子化をどこで行うかによって、項番1の受渡し作業のうち、手渡しによる作業の合計の件数は異なる。営業出口で行った場合はa件になり、制作入口で行った場合はb件になる。ここで、電子化を制作入口で行った場合には、営業部門への渡しは手渡しで行うものとする。

表1 管理グループが行った作業(図3の通番4)

項番 作業 件数
1 受渡し 9
内訳 広告原稿の受け(対営業部門)
広告原稿の渡し(対営業部門)
広告原稿の受け(制作部門内)
広告原稿の渡し(制作部門内)
作成済広告の受け(制作部門内)
作成済広告の渡し(対営業部門)
審査票の受け(制作部門内)
2 広告原稿の形式的な点検 1
3 作業担当者の決定 1
4 審査票の原本を保管 1
5 授受管理簿の記入 1

a, b に関する解答群

ア 2

イ 3

ウ 4

エ 5

オ 6

カ 7

キ 8

ク 9

設問1 解説

10月11日における授受管理簿を、図3に示す。通番6の行の広告原稿については、〔制作部門での作業の流れ〕(1)④の作業を実施し、完了したところである。図3中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

連番 受付日 営業担当者 顧客名 紙広告原稿枚数 Web広告原稿枚数 返却日 返却事由 作業担当者
審査担当者 紙広告作成担当者 Web広告作成担当者
1 10月4日 佐々木 2枚 2枚 10月10日 作成完了 佐藤 高橋 伊藤
2 10月5日 山口 3枚 - 10月5日 原稿不備
3 10月5日 松本 - 3枚 10月6日 基準違反 佐藤 - 渡辺
4 10月6日 松本 5枚 - 10月10日 作業完了 鈴木 田中 -
5 10月7日 山口 - 2枚 10月10日 作成完了 佐藤 - 山本
6 10月11日 佐々木 - 5枚

注記 網掛けの部分は表示していない。空白の部分は未記入であることを示す。

図3 10月11日における授受管理簿

解答群

佐藤 - 渡辺

佐藤 - -

10月11日 原稿不備 佐藤 - 渡辺

10月11日 原稿不備

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問7 システム戦略

設問2 解説

作成グループにおいて、広告原稿の"紛失事故"騒動が発生した。"紛失事故"の原因は、Web広告作成担当者が、広告原稿を保管した場所を勘違いしていたことであった。広告原稿は翌日に発見されて事なきを得たが、X社の作業方法では、広告原稿をグループ間で受け渡すとき及び営業部門に渡すときに待ちが発生する場合がある。この場合に、一時的な保管が必要となって、"紛失事故"が誘発されるおそれがある。

 〔制作部門での作業の流れ〕のうち、作成グループの作業以外の作業で、広告原稿の一時的な保管に伴って"紛失事故"が誘発されるおそれがある作業として適切な答えを二つ、解答群の中から選べ。

解答群

ア 管理グループの作業1

イ 管理グループの作業2

ウ 管理グループの作業3

エ 審査グループの作業

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問7 システム戦略

設問3 解説

X社では、"紛失事故"が誘発されるおそれを低減させ、管理グループの作業を軽減させるために、広告原稿については、電子化を行って、サーバ上で共有することで、これまでの手渡しによる受渡しの作業をなくすことを構想している。広告原稿を電子化する時点の候補として、営業部門が制作部門に渡す直前(以下、営業出口という)と、制作部門が営業部門から受け取った直後(以下、制作入口という)が挙がっている。ここで、作成済広告の受渡しは、手渡しのままとする。

 次の記述中の に入れる適切な答えを、解答群の中から選べ。

図3の通番4に対応する制作部門での一連の作業において管理グループが行った作業を、表1に整理した。項番1の受渡し作業に関して、広告原稿、審査票、作成済広告のそれぞれについて、管理グループが受けの作業を行った件数と、管理グループが渡しの作業を行った件数の合計は9件であった。広告原稿の電子化をどこで行うかによって、項番1の受渡し作業のうち、手渡しによる作業の合計の件数は異なる。営業出口で行った場合はa件になり、制作入口で行った場合はb件になる。ここで、電子化を制作入口で行った場合には、営業部門への渡しは手渡しで行うものとする。

表1 管理グループが行った作業(図3の通番4)

項番 作業 件数
1 受渡し 9
内訳 広告原稿の受け(対営業部門)
広告原稿の渡し(対営業部門)
広告原稿の受け(制作部門内)
広告原稿の渡し(制作部門内)
作成済広告の受け(制作部門内)
作成済広告の渡し(対営業部門)
審査票の受け(制作部門内)
2 広告原稿の形式的な点検 1
3 作業担当者の決定 1
4 審査票の原本を保管 1
5 授受管理簿の記入 1

a, b に関する解答群

ア 2

イ 3

ウ 4

エ 5

オ 6

カ 7

キ 8

ク 9

平成30年度秋 基本情報技術者試験午後 過去問7 システム戦略

〔制作部門での作業の流れ〕を整理します。

(1) 管理グループの作業1

① 営業部門から受け取った広告原稿を確認し、授受管理簿の通番、受付日、営業担当者、顧客名、紙広告原稿枚数、Web広告原稿枚数の欄に記入する。ここで、広告原稿が紙広告又はWeb広告の一方だけの場合は、広告原稿のない方の原稿枚数は"-"とする。

→ 広告原稿の受け(対営業部門)

② 広告原稿の形式的な点検(枚数の過不足、折れや汚れの有無など)を行う。

→ 広告原稿の形式的な点検

③ 点検の結果、不備がある場合は、返却のために広告原稿を営業部門に渡す。授受管理簿の返却日、返却事由の欄に記入する。返却事由は"原稿不備"とする。営業部門に渡すときに、待ちは発生しない。

→ 連番6ではなし

④ 点検の結果、不備がない場合は、作業担当者を決定し、審査担当者、紙広告作成担当者、Web広告作成担当者の欄に記入する。ここで、広告原稿が紙広告又はWeb広告の一方だけの場合は、広告原稿のない方の作成担当者は"-"とする。記入した後、広告原稿を審査担当者に渡す。審査担当者に渡すときに、待ちは発生しない。

→ 作業担当者の決定

→ 広告原稿の渡し(制作部門内)

(2) 審査グループの作業

① 広告原稿の内容がX社の広告制作基準に違反していないかどうかを審査し、審査結果を"適"又は"不適"として、審査票を起票する。

② 広告原稿と審査票を管理グループに渡す。管理グループに渡すときに、待ちは発生しない。

(3)管理グループの作業2

① 審査結果が"不適"であれば、審査票の写しをとり、審査票の原本は保管する。その写しを添えて、返却のために広告原稿を営業部門に渡す。授受管理簿の返却日、返却事由の欄に記入する。返却事由は"基準違反"とする。営業部門に渡すときに、待ちは発生しない。

→ 連番6ではなし

② 審査結果が"適"であれば、審査票の原本を保管し、広告原稿を紙広告とWeb広告とに分けて、それぞれを決定している作成担当者に渡す。

→ 広告原稿の受け(制作部門内)

→ 審査票の受け(制作部門内)

→ 審査票の原本を保管

他の作業を行っている場合は、作業の終了を待って渡す。

他の作業を行っていない場合は、すぐに渡す。

→ 広告原稿の渡し(制作部門内)

(4)作成グループの作業

① 受け取った広告原稿を基に、広告を作成する。

② 作成完了後、作成担当者が、作成した広告(以下、作成済広告という)と広告原稿を管理グループに渡す。管理グループに渡すときに、待ちは発生しない。

(5)管理グループの作業3

① 紙広告とWeb広告について、受け取った広告原稿と作成済広告がそろっているかどうかを授受管理簿と照合して確認する。

→ 作成済広告の受け(制作部門内)

→ 広告原稿の受け(制作部門内)

② 確認の結果、紙広告とWeb広告について、どちらかに不足がある場合は、必要なものが全てそろうまで待つ。

③ 確認の結果、紙広告とWeb広告について、必要なものが全てそろっている場合は、営業部門に広告原稿と作成済広告を渡す。授受管理簿の返却日、返却事由の欄に記入する。返却事由は"作成完了"とする。営業部門に広告原稿と作成済広告を渡すときに、待ちは発生しない。

→ 作成済広告の渡し(対営業部門)

→ 広告原稿の渡し(対営業部門)

表1 管理グループが行った作業(図3の通番4)

項番 作業 件数
1 受渡し 9
内訳 広告原稿の受け(対営業部門) 1
広告原稿の渡し(対営業部門) 1
広告原稿の受け(制作部門内) 2
広告原稿の渡し(制作部門内) 2
作成済広告の受け(制作部門内) 1
作成済広告の渡し(対営業部門) 1
審査票の受け(制作部門内) 1
2 広告原稿の形式的な点検 1
3 作業担当者の決定 1
4 審査票の原本を保管 1
5 授受管理簿の記入 1

営業出口で「広告原稿」の電子化を行うと、管理グループ内での広告原稿の受渡しは電子化されるため次の3つのみが手渡しとなります。

・作成済広告の受け(制作部門内)

・作成済広告の渡し(対営業部門)

・審査票の受け(制作部門内)

aの答え:イ 3件

制作入口で「広告原稿」の電子化を行う場合

・広告原稿の受け(対営業部門)

は手渡しとなります。あと

・作成済広告の受け(制作部門内)

・作成済広告の渡し(対営業部門)

・審査票の受け(制作部門内)

も手渡しです。

問題文の最後に「電子化を制作入口で行った場合には、営業部門への渡しは手渡しで行うものとする。」とあるので

広告原稿の渡し(対営業部門)

も手渡しです。合計5件が手渡しとなります!

bの答え:エ 5件

PR広告

フェイスブックコメント

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成28年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成27年度秋 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午後 テキスト・動画解説

平成27年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度秋 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説

平成26年度春 基本情報技術者試験 午前 テキスト・動画解説